目に入った瞬間決まります



ネットでお買い物が当たり前になってきました。


外出なしで、気軽に買い物ができますので、ますます人気なんですよね。


ネットショッピングでは、そのページにある情報だけを頼りに、商品の購入を決めます。


文字でいくら「状態がいい」「かっこいい」と書かれていても実際見てみなくてはわかりません。


そんなときに必ず参考にするのが商品画像です。


ただ撮った写真をそのまま載せてもその商品のよさは何も伝わってきません。


商品撮影に少し気を遣ってみるだけで、印象は大きく変わってきます。


売れているお店は、スタジオで撮影したりして背景に余分なものが入っていない正確な情報と、モデルを起用しイメージ情報の両面からアプローチしています。


購入者の視点を少し持って商品撮影を行うだけで確実により多くの購買に結びついてきます。


たまたまうまく取れた写真ではなく、クオリティの高い写真をお客様に提供するのは大切です。


例えば、天候に左右されないスタジオ撮影。同じモデルを起用することで、お店のイメージを定着させ安心感を出すなど。


まずは購入者の立場になって商品撮影をしてみることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*