消費者の気持ちをくすぐる商品撮影の方法



商品撮影時に、商品をアップで撮影するか全体を写すかで印象が大きく変わってくるのをご存知でしょうか。


さらには、商品のみを撮影するか、商品撮影時に、モデルを起用するかでも違いが出ます。


同じ商品であっても、値段が全く違うように見せる不思議な技術です。


人間の心理として「高級なものはアップにしても綺麗」という気持ちが働くためで、逆を言えば本当は高価なものでも全体が映っているととても安く感じてしまう事もあります。


ですから、背景に余計なものを写り込むことがないように、貸しスタジオで撮影するお店も増えています。


スタジオは、いまや、プロカメラマンだけが使用する場所ではないのです。


さらに、商品をより素敵に魅せるテクニックとして、モデルが手に持つことで、その商品を自分が使っているイメージを描いたり、身近に感じることもあります。


この商品を購入するだろう消費者ならどのポイントを重視するかを考えて撮影するのも大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*