お客さんが見たい部分をきちんと写す



実店舗で商品を購入する場合とネットショップで商品を購入する場合とで決定的に違う点とは何だか分かりますか?


実店舗は、基本的に、お客さんは、自分なりに見て確認をすることができますよね。


しかし、ネットショップでは、商品写真を通じて商品の確認を行うことになります。


写真は、写したものはきちんと伝えてくれますが、写していないものを伝えることはできません。


商品撮影の際、商品を正面から写した写真では、商品を正面から見た様子は伝わりますが、斜めや横、後ろ、上下など、別の方向から商品を見た様子を伝えることはできないのです。


ネットショップの商品撮影を行う際にはこのことを念頭に置き、お客さんが見て確認できなくて不都合が生じることがないよう、お客さんが確認したいと思うであろうポイントを漏らさずに写しておくようにすることが大切になると言えるでしょう。


お客さんが確認したいと思うであろうポイントを見極めるときに大切になるのは、想像力です。


「自分がこの商品の購入を検討するとすれば、どんなところを確認しようとするだろうか」と想像しながら、商品に向き合ってみてください。


モデルが使用したりすることで、モデルを通した想像もとてもよい想像の種になります。


想像力を高めるヒントとして、スタジオを使用するのも◎家具家電やグルメなどハウススタジオを使用すれば、日常を容易に想像出来ますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*