イメージに合わせた商品撮影は難しくない



どんな商品であろうとも商品のイメージに合わせた商品を商品撮影をする必要があります。


例えばキッチン商品なら、ただ机の上に商品を並べるのではなく、木材で作られた美しいお皿であればテーブルも木製にする事によって、まるで何処かのキャンプや別荘で使われている様な、木製のお皿とテーブルが組み合わさった美しい光景を作り出して商品撮影に挑む事で、商品にぴったり合ったイメージを作り出すには大切なポイントです。


その際には背景に森などを使えば更にイメージを引き立てられるものですが、近くに森がある場所を探しての撮影が難しい場合であれば、ハウススタジオなどで観葉植物などをさりげなく背景に設置しながら撮影に挑むのが良いでしょう。


スタジオで撮影するだけでも商品と背景のイメージがばっちりと合ってくれて、商品撮影の写真を見たお客様からの評判も良いものになってくれます。


写真で作られた商品のイメージによって商品価値というのは大きく変わってくるものです。


商品単体ではイメージが沸きにくい物ならば、プロモデルとまでいかなくとも、周囲の人にモデルを頼んで商品の良さを伝える商品写真を撮影することも◎


それを忘れずに商品にチャンスを与える様な気持ちで撮影にチャレンジしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*