商品を実際に利用している様子を撮影



ユーザーがお店に求めるニーズ、それは商品モデルの生の様子を公開してくれる事です。


今では実店舗でも、イタズラ防止のためか、家電製品や文房具などが、厳重に保管されたまま陳列されているケースも多く、ユーザーの購入意欲を削ぐ結果になりつつあります。


少し事情は違いますがネットショップもまた、ユーザーが実物を、実際に手に取れないという点において、チャンスロスを生みやすい難点を抱えています。


しかし、今ではインターネットユーザーもまた増加傾向にあり、商品撮影や説明文に工夫をすれば、ちゃんと購入に結び付けられます。


実店舗がモデル商品を隔離し始めている今、ネット店は反対に商品の様子や状態を、積極的にアピールする事で、逆転を目指しましょう。


基本的な商品の概要となる、正面図や側面図を撮影し終えたら、パッケージを開封し、出来る限り、生に近い写真をドンドン撮影し、公開しましょう。


商品のディテールはもちろん、使用方法、実際にスタッフやオーナー様が、ハウススタジオなどで、その商品を利用している様子なども、撮影しておけば、ユーザーに判断材料を、多く与えられるますし、購入のチャンスも広がる事でしょう。


雑誌の商品が売れるのはスタジオなどで臨場感を出した撮影に力を入れているからです。


意外と最後の「商品を実際に利用している様子」を、自社サイトに、掲載していないお店は多く、その部分がチャンスロスになっている可能性が高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*