商品ばかりなく、感動を写真に



現代社会は飽食の時代とも言われています。


食べ物は溢れてしまい、そういった社会の様子が社会問題化し始めています。


特に日本の市場は成熟化が顕著であり、ユーザーの目も恐ろしく肥えています。


そのため、マーケティングの方法もまた工夫を施す必要があります。


単純に商品のみの商品撮影を行い、綺麗な画像をアップするだけではPR不足です。


家電製品や文房具、日用品をいかにきらびやかに撮影しても、「このアイテムなら、既に家庭にもあるし、要らないか」という結果になるでしょう。


モノが満ちたりている現代、ネットショップの仕事は単純に物品を売るばかりではなく、その商品を使って得られる感動や体験を、効果的にPRする必要に迫れています。


ごく普通に品物を撮影するだけでは、やはりユーザーの購買意欲を動かせません。


スタッフを相談し、モデルやサンプル品をドンドン開封・使用して、ユーザーが何を商品に望んでいるか、考察してみましょう。


そして、商品を使用する臨場感を出すためにスタジオに入り、日常の一コマを切り取るのも大切です。


商品の良さだけを伝えるのではなく、商品を使用して生活がどれだけ幸せになるかを体現するには日常を感じさせる撮影が出来るハウススタジオをおススメします。


得られた考察を元に、商品撮影を進めれば、事態は改善します。


自社の商品で実際に作成した完成品、スタッフやモデルが試しに作ったサンプル品等、商品そのものを単純に撮影するばかりなく、その商品を通じて得られる成功体験を、画像として作成し、ネット上にアップする事を心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*