ネットショップ商品撮影のポイント



ネットショップ商品撮影のポイントは主に、場所、フラッシュの有無、パターン、サイズが挙げられます。


フラッシュ機能は完璧とはいえません。


商品を分かりやすくアピールするためアップ画像を撮ろうとして、商品に近づいてフラッシュを焚くと、光量が多くなり過ぎ真っ白になってしまうことがあります。


これにより、商品の色合いがおかしくなったり、商品イメージが分かりづらくなるため、特にオートフラッシュの利用はおすすめできません。


自然光が入らないようにスタジオで撮影に挑むのはそのためです。スタジオにはレフ板やライトなどもあるところもありますので、光を味方に撮影するのがようでしょう。


次に、写真撮影は1商品1枚ではなく、様々なパターンを掲載してより分りやすくすることがポイントになります。


たとえば、洋服は前、後ろ、横から見たデザインのイメージが大きく異なることがあります。


アピールしたい部分のアップ、全体像、前、後ろ、横からの画像など様々なパターンを撮影しましょう。



サイズというのは、商品画像だけではイメージが持ちにくく、サイズを記載してもなお誤解を生みやすい部分でもあります。


そこで工夫したいのが、商品を誰もが知っている物と並べて、サイズ感を比較した写真を撮影することです。


サイズ違いの洋服を並べる際は、いろんなサイズのモデル何人かに商品を着用してもらいモデルのサイズを公開すれば、現実的なサイズを購入できるりtrんがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*