商品撮影には時間も影響



ネットショップを開くに当たって、商品の構成などは出来たけれど、商品を紹介する商品撮影が出来ていないと言うショップがあります。


商品を売りたいと意識が強いほど、商品の紹介まで気が回らないことが原因です。


ですがネットショップを展開していく上では、この商品撮影は大事な要素です。


そこにはいくら素敵な商品が並んでいても、それが素敵に見えないと購入意欲が湧いて来ないのですから。


まずカメラと三脚の用意です。


カメラは出来ればデジタルカメラが良いのですが、普通のコンパクトカメラでも◎


写真を撮る部屋の用意ですが、バックには白い紙を用意する必要があるでしょう。


また白はモデルなどの人物を引き立たせることもできますのでモデルを起用する場合にもおススメです。


万が一商品が白と言う場合には、色をグレーとか薄いブルーのような淡い色を用意しましょう。


レフ版を使った方が綺麗に色が出ますので、出来るだけ使って欲しいのです。


また太陽光ですが、午前中の明かりは白で午後からは赤みが増して来ると言われます。


そんなことで、商品撮影時間は午前中が適していると考えられます。


しかしながらお忙しくて時間は空いた時間でしか、と言う方はスタジオでの撮影をおススメします。


スタジオは天候や時間など関係なく好きな時間に好きなライト構成で写真が撮れるので時間がない方にピッタリです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*