大きさが一目で分かりやすい写真



商品の具体的な大きさが分かりやすい写真というのはお客様からも好まれやすいです。


しかし大きさの比較としてよく使われているタバコの箱やライターなどを、写真に添えるのはイメージが合わない商品も多いですから、その商品のイメージに合った小物を添える事で大きさを分かりやすい商品撮影を行ってください。


お皿の具体的な大体の大きさを見ている側に伝えたいのであれば、箸と箸置きを横に添えながら簡易スタジオで写真撮影をするだけでも、そのお皿の大体の大きさが分かりやすくて、わざわざ商品の説明文に書かれている寸法をチェックしなくても済みます。


腕時計であれば人の腕にはめているところを撮影するだけで大きさは分かりやすいですが、懐中時計などは実際に手元に届くと意外と大きくて驚かされたという事も珍しくないので、市販の簡易スタジオなどで、腕時計と同じ様な感覚で商品撮影をしてしまわない様に気をつけてください。


お客様の中には商品の寸法を数字で見ても分かりにくいと困っている方も多く、実際の店舗で手にとって大きさを確かめないと安心出来ないという方も大勢居られるものです。


洋服のサイズもモデルの身長を掲載したり、カバンなどの大きさもモデルが持つことで大きさを把握できますよね。


ネットショップで商品を手に取ってもらう為には、大きさの比較しやすさという細かな親切心を忘れてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*