見栄えのする商品の撮影方法



今の時代、ネットショップで副業と言う方も、非常に多いと思います。


以前から比べると、誰でも、ネットショップに商品を出せるのは、良い商品を持っている人にとっては、非常にありがたいことだと思いますが、全ての人がそのネットショップで成功しているわけではありません。


では、なぜ差が出るのかと言いますと、いろんな要因があるとは思います。その中で、比較的大きな要因になっていますのは、やはりネットに出す商品の写真のイメージの良い悪いが大きいと思われます。


例えば同じモデルの商品でも人気のあるモデルさんが着用したカラーが飛ぶように売れることがありますよね。


また、同じ商品でも、売れる場合と売れない場合があるのは、その商品の撮影の仕方に、大きな差があると思います。


つまり、それを見た時の印象の良い悪いで、売れ方が違ってくるのです。


では、どのように商品撮影すれば良いのかと言いますと、その商品の全体像が分かりやすい写真にする事、その次に、その商品を撮影するときの背景の色合いです。


出来るだけその商品が浮き上がるような配色の物を使うべきです。


閲覧した人が、興味の湧くような色合いがベストです。


また商品が撮影されている写真の大きさと、その商品の大きさにも気を配るべきです。


つまり、写真全体と、商品のバランスの問題です。


色違いの商品写真の場合、大きさをそろえると言うことも。簡易スタジオなどで撮影すれば、三脚を固定することで条件の同じ写真が撮れますし、スタジオなら光の加減も同じに撮影できます。


以上のようなことに配慮して商品撮影すべきだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*