デジカメで上手く商品撮影する方法は




写真を撮るのにはその撮影対象である、モデルが必要です。


人物の場合、被写体を全身と背景を含めて写真を撮られる方が多いですが、その撮影方法ですと被写体であるモデルの顔も見えにくく、全体を含めると遠くに写ってしまいます。


写真を撮るポイントは足元を入れず左右かまたは上下のどこか一つの端の位置にポジションを決めてカメラを胸からお腹の辺りで少し低く構えて写真を撮ると、顔もはっきり見えて自然な雰囲気が出来た写真が撮れるのです。


また出来立ての料理や美味しいスイーツをとる場合、明るい電気の下やフラッシュ機能を使用しながら真上からの撮影はNG。


ちょっと待ってください。


色合いも悪く見えてしかも広角で取るとお皿も歪んで見えてしまいます。


料理などの写真を撮る場合は、料理から1~2m離れてレースなどのカーテンを引いて太陽の光を上手く利用しより綺麗で自然な写真を撮るかフラッシュ機能は使わず白い布などを用意して手前に配置し光を反射させながら写真を撮るのがお勧めです。ハウススタジオなどで臨場感を出すのも魅力的な商品撮影の近道です。


スタジオ撮影は天候も左右されない利点もありますのでお勧めの商品撮影場所です。


魅力的な商品写真は、コツコツ色んな角度で撮ってみて、写真を撮るスキルを磨くのも良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*