少しの工夫でつい欲しくなる商品撮影の方法




商品を売るためには、まずはたくさんのお客様に見てもらえるようなロケーションが必要です。


まずは商品をどこに配置して撮影をするかが大切ですが、まわりに余計なものを置かないようにしましょう。


まわりに余計なものが置いてあると、写真に入り込んでいなくても、影になってしまったり明るさを消してしまう場合があります。


とくに様々なカラーが描かれているデザインであれば、影が入り込むとカラーの見え方が違ってしまうのです。


モデル商品の下にシンプルな布を敷いたり、小物であればシンプルなボックスの上に置いたり、土台に工夫することが良い見せ方になります。


あとはカメラの角度ですが、カラーやデザインによって明るさを調整しましょう。


ホワイトやライトブルーなどは、明るすぎると本来の美しいカラーが出ないこともあります。


逆にレッドやピンクには光が差し込んだ方が、より鮮やかなカラーに映えます。


モデルを美しく見せるためには、工夫した商品撮影が必要です。


大手のネットショップには専用のスタジオをもっていたり、ハウススタジオで撮影するところもあります。


ハウススタジオは、イメージのバリエーションを増やしたい方にお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*